ソフトウェアによる電動モーターの確実な予知保全で生産性を向上

なぜ予知保全なのか?

今日の工場では、システム障害による予定外のダウンタイムが、米国だけでも1,400万時間発生しており、その結果、数十億ドルもの損失が発生しています。このような事態を防ぐために、工場では一般的に、専門家がデータを収集して機器の健全性を評価する高価なルートベースのアプローチを採用したり、システムに発生する可能性のあるすべての故障を確実に検出できない様々な最適ではないセンシングソリューションを利用したりしています。

Analog.comのウェブサイトで「電気モーターのソフトウェア駆動による安全な予知保全で生産性を向上させる」のフルバージョンをご覧ください。