製薬業界におけるSMS活用事例

製薬業界

製薬会社、重要な環境調整用タービンの寿命を延ばし、予定外の停止を回避

背景

製薬業界では、製品の品質と信頼性を確保するために、FDAの厳しい規制を受けています。プロセスコントロールは、製品が製造される環境条件(温度など)と同様に、規制遵守に不可欠です。

従来の保守方法では、規制上重要な機械の健康状態を継続的に監視することはできませんでした。例えば、空気処理装置(ATU)、コンプレッサー、ポンプ、コンディショニングタービンなどです。しかし、これらの機械は24時間365日連続稼動しており、年に1回(または2回)しかオーバーホールの必要があろうとなかろうと、計画的に停止させることができない。これらの機械の予期せぬダウンタイムはコストがかかり、その結果、コンプライアンス違反、製品の腐敗、損失、そして場合によっては公衆衛生上の危険さえも引き起こすことになるのです。

この資料のフルバージョンをご覧いただくと、さらに詳しくご覧になれます。